ブログ

Kimonoketの作られるまで

お陰さまで60%達成しました。ご支援ありがとうございます。

さて、この写真、カレーじゃないんですよ!糸染めの染料です。
只今、今治のメーカーさんにお邪魔して、反物の柄や織方、糸、そして色のご相談してます。

そう、Kimonoketは色からオリジナルです!
だけど、イラストとどれくらい変わるか、実際に織りのサンプルを作ってみないとわからない部分もあります。
なにせ、織り上がった布は立体ですし、基本的に光の具合で少し白味が出る性格があります。そんなことも計算にいれつつ染める色を決めます。

https://wonderfly.jp/cf/ideas/339


感謝!

早くも35%達成しました。ご支援ありがとうございます!!今治のタオルメーカーさんに銘仙イメージの柄を織ってもらう「三色三重織りガーゼ」でつくる、旅を楽しくする羽織「Kimonoket」!昨年末に募集されたANA-WonderFLYの「旅の常識を覆すもの」で受賞したアイデアを、クラウドファンディングにかけて商品化しています。ご支援者には、正規価格の半額で賞品をリターン。そして、販売等一緒にやっていだだける企業も募集中です!

https://wonderfly.jp/cf/ideas/339


ANA WonderFly クラウドファンディング スタート4日目

スタート4日目 33%集まりました! ありがとうございます☆ 引き続き宜しくご支援お願い致します。

https://wonderfly.jp/cf/ideas/339/reports/16#navi


入谷のわきが提案する『大正ロマン着物・銘仙+今治のタオル+空の旅』

本日、2/9より ANA WonderFly クラウドファンディングがスタートいたしました☆皆様、どうぞ応援してくださいね!https://wonderfly.jp/cf/ideas/339

Kimonoketに使うのは「三色三重織りガーゼ」実物はまだ出来ていないの(織機の順番待ち)ですが、こちらは単色の「三重ガーゼ」です。ふっくらしてるでしょう?軽くて、肌触りがよくて、吸湿性にすぐれ、それでいて保温性も高い贅沢な素材です。 この「三重ガーゼ」の糸を染めかさ初めて、「三色の織り」を加えます。簡単に言うと、三色にそれぞれに染めたガーゼを織り合わせて模様を描き出すのです。例えば、黄色+紫+白のガーゼだと、黄色い花の部分は一番したのガーゼを上に織り出し、紫の部分は紫を上に・・・。さらに、黄色と紫と白をミックスしたり!どうしたらそんな事ができるのか、そこは今治の職人さんの技です。 単なる「三色ガーゼ」なら、実は中国でもベトナムでも織れます。でも、「三色三重織りガーゼ」は職人技ですから、今治でしかできません。 吸水性のいい「三重ガーゼ」なら、吸水性のいいタオル同様に日本の他の産地でもできます。でも、「三色三重織りガーゼ」は今治でしかできません。 これが、Kimonoketの生地のとてつもなく【特別】なところです。何を置いても、この生地の肌触りと着心地をKimonoketは体験して頂きたいのです!

昨年末にANAから「 旅の常識を覆すモノ」として募集され『WonderFLYアワード』に輝きましたKimonoketが、いよいよクラウドファンディングにてスタートしました!Kimonoketは、日本の工芸をドゥ~ン(合体)させたギミカルなウエアです。ドゥ~ンしたのは、今治のタオルメーカーさんの技術と、大正ロマンな銘仙柄です。機内では、タオルケットとして掛けて使い、リゾートではビーチや部屋着、そしてレストランへも、ちょっとした工夫でギミカルに使い方を変えられる羽織です!そして、今治のタオルメーカーさんと織り上げる、世界未体験の着心地を、特別なお値段でお楽しみください!なんといっても、糸染めからやりますからね! そして、今治でしか作れない生地ですからね! それをこのお値段は今回きりですよ。マジで。さらに、夏に浴衣にも羽織っていただけるように、デザインを工夫していますから、旅だけでなく、様々に活躍してくれるはずです!

是非一度、見に来てください!


謹賀新年

 

本年も明けましておめでとうございます。入谷のわきも4年目の春を迎えました。

世界では、未だ戦禍に怯える人々がおりますが、日本は大きな暴力によって殺されたり、殺したりすることがなく、新たな年を迎えられ、戦後をカウントできることに、感謝ですね。

のわきの暖簾印に添えましたは『扇屋軒先図屏風』に描かれました、鶏を抱いて遊ぶ童です。
この子は、いつもこうして遊んでいるのでしょうか、抱き方が上手ですよね。鶏の方も慣れたものです。

今年は酉年。何事も最後に吉があるとも、最後が大事ともいわれます。鳥って申しますと羽ばたく方ばかり気になっちゃうものですが、そうすると大事なのは「着地」の方でございましょうな。

今年は、皆様の見事な「着地」をお祈り申し上げます。

*『扇屋軒先図屏風』は大坂市立美術館にございます。
扇職人の家を描いた屏風で、扇作りの作業が見て取れて、楽しい作品です。扇と申しますと、よく、京は分業、江戸は一処(ひとっところ)と言いまして、京都では、ひと工程ずつ職人がいて、江戸ではひとりの職人が仕上げたそうです。この図を見ると、大坂の扇職人も一処で仕上げていたのがわかります。

末広がりの扇に酉ですから、まさに今年見るに相応しい屏風です。