書籍

Please use this form for overseas orders

The Illustrated Guide to The Fantastic Edo Era
For orders from outside of Japan, please use this form.
A shipping fee will be charged.
Please choose from three options.
1) EMS is a courier service – delivery will take one week and the shipping fee is JPY 2,400 for one book. 
2) Air Mail will take a little longer and the shipping fee is JPY 1500 for one book. 
3) SAL will take a few months, but the shipping price is JPY 1000. SAL can only be used in certain countries.
Once we have received your data, we will send you an invoice. Please pay by Credit Card. Upon confirmation of payment, the order will be shipped within three working days.

◆Fantastic Edo Era





◆Choose the shipping type

 

素敵な江戸時代図鑑
The Illustrated Guide to The Fantastic Edo Era


構想から6年。英語版・素敵な江戸時代図鑑FEEがようやく編集作業が終わり印刷に入りました! 訳者はイギリス出身で、様々な日本のアーティストの訳詞や歌詞を手掛けるリン・ホブデイさん。外国人向けの内容に善養寺がゼロから執筆し、描き、編集しています。

 Six years in the making – “The Illustrated Guide to the Fantastic Edo Era” is here at last. UK-born lyricist, Lynne Hobday, has handled the translation for Zenyoji Susumu’s unique guide to everything you need to know about Japan and the Edo Era. 

内容は、江戸時代の半蔵門から麹町を再現した「麹町照覧」を用いて、街と商店、町人の商売を細かに紹介することを中心に、庶民の着物や髪型、武士の社会、日本刀、お城。そして、海外の方々に人気の忍者と妖怪などを豊富なカラーイラストで解説します。さらに、日本文化を思考性から論理的に解説と、家族で読んでも発見があるように、幅広い年齢と興味に対応。

The book is based around a reconstruction of the Kojimachi area of Tokyo during the Edo Era and also features chapters on Edo-style kimonos and hairstyles, the Samurai society, Japanese swords, and castles, etc. Colorful illustrations and explanations also cover Ninja and Yokai – hugely popular overseas. Additionally, the book will give you an insight into Japanese ways of thinking. A colorful and comprehensive look at Japan that can be enjoyed by the whole family.

宗教観や美意識など、日本を訪れた方々が日本を身近に感じ、旅がいっそう楽しいものになるように制作しています。そして、アニメや漫画で日本に興味を持った「新世代日本好き」や家族で日本に訪れた旅行者を読者に設定しています。

Zenyoji Susumu has also devoted pages to trace Japanese attitudes towards religion and Japanese aesthetics that will help travelers enjoy their journey even more.

(9月13日発売)

主なお取り扱い書店様
★紀伊國屋書店新宿本店 Books Kinokuniya Shinjuku 
★紀伊國屋書店札幌店 Books Kinokuniya Sappolo
★紀伊國屋書店広島店 Books Kinokuniya Hiroshima
銀座蔦屋書店(銀座SIX) GINZA TSUTAYA BOOKS

For Smartphone
Basic Knowledge – objects and statues you can see around town | 基礎知識 : 町で見かける置物や像の解説。
Basic Knowledge – investigating the rice paddies you can see from train windows. The Japanese and Rice and the creatures that live in the rice paddies | 基礎知識 : 新幹線に乗ると車窓に広がる田んぼ。お米と日本人、そして生き物たちについて。
People in the Town – a reconstruction of Kojimachi in the Edo Era with explanations on how people lived | 町の人々 : 江戸時代の麹町を再現した麹町照覧で、江戸の町と生業を解説。
People in the Town – explaining Edo stores and the products they sold | 町の人々 : 代表的な商店と商品を解説。
People in the Town – introducing kimonos worn in the Edo Era | 町の人々 : 着物の解説。着物のパターンは意外にも、ユニセックス。
People in the Town – introducing some of the hairstyles of the Edo Era | 町の人々 : 髪型の解説。丁髷にも日本髪にもいろいろあります。
People in the Town – introducing Edo Era beauty tips | 町の人々 : コスメのお話もあります。
Samurai and Castles – Samurai garments | 侍と城 : 武士の服装。
Samurai and Castles – an in depth look at Japanese swords | 侍と城 : 近頃海外でも人気の日本刀について、刃文なども詳しく解説。
Samurai and Castles – introducing some of the best Japanese castles to visit | 侍と城 : 全国のお勧めのお城を開設。
Ninja – everything you need to know about the mysterious Ninja | 忍者 : 最近は忍者目当てに日本に来る方も少なくありません。忍者の歴史から技までを解説。
Yokai – introducing 101 supernatural Yokai | 妖怪 : 妖怪も人気の文化です。101種類の妖怪を解説しています。旅館に泊まるのが楽しくなるはず!

仏像なぞりノート

廣済堂出版
長田 幸康/文、善養寺 ススム/画
2016年1月発行

江戸の妖怪図巻

廣済堂出版
善養寺 ススム著
編集サポート・PR/入谷のわき
2015年9月発行

江戸の女子図鑑

廣済堂出版
善養寺 ススム 文・絵
編集サポート・PR/入谷のわき
江戸人文研究会 編
2015年1月発行

『東海道中栗毛弥次馬と江戸の旅』

洋泉社出版
善養寺 ススム 文・絵
編集サポート・PR/入谷のわき
2013年11月発行
1,500円(税別)
江戸中期から現在に至るまでの超ロングセラー旅物語『東海道中膝栗毛』の絵本番『東海道中栗毛弥次馬』を、現代語に翻刻し、リメイクした作品です。
 この本は幕末に出版され、たものです。十返舎一九の本編と比べ、伊勢参りが省かれて京都に行くことや、横浜が開港されているのも特徴です。巻末には「江戸の旅事典」が付属しています。
和洋ミックスコーデで楽しもう!

『カジュアル着物ブック』

廣済堂出版 山口さくら・善養寺 ススム 著
編集サポート・PR/入谷のわき 帯書きをモデルの桐島かれんさんに依頼。
2013年8月発行 オールカラー1,400(税別)

男女のキモノのハウツーをイラストで丁寧に解説。キモノの種類やTPOだけでなく、洋服小物のアレンジや、日常着として楽しむための細かな解説が特徴。例えば、トイレはどうするのか?とか、お家で洗濯できる着物のハウツー、男性では褌の締め方なんかも解説されています。
時代小説のお供にシリーズ

『絵で見る 江戸の人物事典』

廣済堂出版 善養寺 ススム 文・絵 江戸人文研究会 編 2013年2月発行 新書版フルカラー 1,500円(税別) 江戸時代に活躍した人物128人を紹介しています。しかも、全員の良いところを解説することに徹しました。一般に否定的に表現される、犬公方の「徳川綱吉」や江島生島事件の「江島」、忠臣蔵の悪者「吉良上野介」も本当はいい人なんです。